空き家やマンションの空き室を宿泊施設として提供する「民泊」に関連して、京都府の山田知事は16日の府議会代表質問で、旅館業法の許可を得ている簡易宿所を対象に優良な施設の認証制度を導入する考えを示したそうだ。民泊は無許可営業や周辺住民のトラブルが問題となるケースも多く、山田知事は「認証制度を全国に先駆けて導入し、府民や観光客の安心につなげたい」と述べたという。
府や京都市がインターネットの仲介サイトで調べたところ、京都市内には約2700件、同市を除く府内には136件の民泊があるそうだ。京都市の調査では、市内の民泊のうち旅館業法の許可を得ている施設は全体の7%のみ。府は現在調査中だが、8割程度が無許可状態のため簡易宿所の許可取得などを助言しているという。
山田知事は答弁で「基準に満たない施設には営業中止を指導するなど民泊の適正なルール作りに取り組む」と述べたそうだ。その上で、簡易宿所について「簡易という名前で避けられる面もある。施設やサービス内容に応じた認証制度を作り、スタンダードモデルにしたい」とした。
府は今後、京都市を含む府内自治体などと話し合い、地域事情にも配慮しながら対象エリアや認証に必要となる条件など具体的な制度設計を進めるとのこと。
府がまとめた2014年度末時点の府内宿泊施設の状況によると、ホテルの75%が京都市内に集中する一方、簡易宿所は48%が京都市街だったそうだ。京都市を訪れる観光客が増え、宿泊施設が不足する中で、府は認証制度を観光客の周辺地域への誘導にもつなげたい考えだという。
簡易宿所と言うと確かに利用するのは不安に感じるかもしれないが、優良認証を受けているのであれば安心して利用する人が増えそうだ。

タレントで東京海洋大学名誉博士のさかなクンが、7月16日に公開される、ディズニー・ピクサー最新作の「ファインディング・ドリー」の字幕版&吹替版の海洋生物監修を務めることがわかりました。
ピクサースタジオが外部に監修を依頼するのは異例のこととのこと。
さかなクンの知識の深さにピクサースタジオは驚き、抜てきされたといいます。
また、監修以外にもマンボウ役の声優として作品に関わっているさかなクン。
マンボウは大好きなハコフグと同じフグ科ということから、「マンボウちゃんは世界で最も大きくなるフグの仲間です!なので、こんな偉大なマンボウちゃんの役をいただけてうれしい!」と興奮気味で語りました。
特別映像では、インタビューのほかにも同作に登場する魚たちの特徴を紹介しています。

JR武蔵野線の南浦和駅で、電車が駅を通りすぎるトラブルがあったという。
車両のトラブルなどではなく、運転士の運転ミスである。午前5時半ごろから勤務していた運転士は、運転中眠くなってしまい、ブレーキをかけるのが遅れてしまったのだそうだ。
トラブル発生は8時ごろ、南浦和駅に停車するはずだった武蔵野線ののぼり電車がホームを通過した。100メートルほどオーバーランして停車、その後バックして戻り4分遅れて発車したという。
30代の運転士は「眠気を感じ、ぼんやりしてブレーキが遅れた」と話しているとのこと。
途中で気が付けて良かった。

NHKが、ツイッターで同局アカウント以外のフォローをやめると発表したそうだ。
NHKのアカウントは、18日時点で広報担当の「@NHK_PR」が10万人以上をフォロー。他にも公式サイト上には計135アカウントが「公式アカウント」として紹介されている。
「フォロー返し」をやめる理由としては同局は「かつては私たちも、フォローをツイッター上の慣習と考え、フォローしていただいた方に対して積極的にフォローを返していました。しかし、ツイッター上でさまざまな意見や主張を交わされる中で、NHK公式アカウントがNHK以外のアカウントをフォローすることは、そのアカウントの意見に対する支持・賛同ではないか、というご批判をいただくこともございました。ツイッターのフォローは互いのゆるやかなつながりを示すものだ、という意見があることも承知していますが、検討を重ねた結果、私どもとしてはNHKアカウントによる他アカウントへのフォローをすべて解除させていただく選択に至りました」と説明したとのこと。
今後は4月末をめどに全ての公式アカウントで同局以外のアカウントに対するフォローを解除するそうだ。ただし、事件事故取材など「報道目的」のために、一時的にユーザーをフォローすることもある、としているという。
なお、今回の対象は同局アカウントが「フォロー外し」するもので、ユーザーはこれまで通り同局アカウントをフォローし情報を受け取ることができるという。
ツイッターを使っている人が増えた分、いろいろな意見が入ってくるようになったのだろう。仕方のないことだが、かえってよかったのではないだろうか。

佐賀市佐賀北高校の卒業式で、とある孫と祖母が並んでいた。孫の卒業を祝うおばあちゃん、ではなく、孫と一緒に高校を卒業したおばあやんである。
この春、久保田町新田の陣内シヅ子さん(73)が、佐賀北高通信制を卒業した。
シヅ子さんは、15歳で中学を卒業したが、6人兄弟だったため経済的理由で高校進学はかなわなかった。得意だった洋裁の専門学校に進学したが、高校を諦めきれず、洋裁を学びながら21歳の時に佐賀北高通信制に入学した。しかしその後、結婚、出産、子育てと忙しくなり、高校生活を続けることが難しくなった。それからしばらくし、子どもたちが独立したので、2012年4月に再入学したという。
2度目の高校生活の時は、同高普通科に孫の沙百合さんが在学していた。一緒に卒業したいと、仕事と夕食の後に猛勉強して課題を仕上げた。
在学中は試験前に、左足のつま先を骨折したり、白内障のため目の手術をしなければならなかったりと多くの困難を乗り越えた。
通信制の卒業式は、普通科の数日後で、孫の沙百合さんと長男夫婦が祝福してくれたという。
通信制で最年長の卒業生となったシヅ子さんは、半世紀かけて卒業証書を手にし、「うれしい気持ちとほっとした感情が半々」と話したという。
孫と共に卒業出来たことも、高校生活をやりとげたことも素晴らしいことだ。いくつになっても知識欲は尽きないものだと感心したし、見習いたいと思った。

これじゃ、一新できない・・・。
3月8日、巨人の高木京介投手が野球賭博に関与していたことが発覚しました。
オープン戦で、福岡市内のホテルに滞在中の巨人軍の1軍選手にはコンビニエンスストア以外の外出禁止が言い渡されました。
また、3月14日に予定されていた財界関係者による、応援組織「燦燦会」の総会や3月16日の読売新聞社による激励会など恒例の開幕前のイベントも中止になるとのことです。
高橋由伸監督が就任をし、新たに進み始めたチームが大きな衝撃に包まれるかたちになってしまいました。
チームは、昨秋に高橋監督が就任をし、チームスローガン「一新」の下、再建、再生に向けて進み始めたばかりでした。
過去に例のない大騒動のなか、高橋由伸ジャイアンツは立て直すことができるのでしょうか・・・。

世界にはいろいろな飲み物があるが、その中でもコーヒーは多くの国で親しまれているドリンクのひとつだ。ひと言でコーヒーと言っても、国によって人気の豆や飲み方が違う。あまり知られていない飲み方をする国もあるそうだ。
オランダ、ベルギーと合わせてベルネクス三国と呼ばれているルクセンブルク。コーヒー消費量は世界一で、一人当たり1年間に2,780杯も飲んでいる計算になるという。つまり、1日7~8杯のコーヒーを飲んでいることになる。ヨーロッパなのでカフェ文化も進んでいて、多くの人が休憩や友人とのおしゃべりにカフェを利用し、コーヒーを飲むようだ。
変わったコーヒーの飲み方と言えば、「カフェオスト」というチーズを入れて飲むコーヒーで、主にフィンランドで飲まれているそうだ。砂糖を入れるとティラミスのような味わいが楽しめるとのこと。チーズの種類や量を好みで調整しながら、自分好みのコーヒーにしていくと良いそうだ。
アルゼンチンでは「カフェ・ラグリマ」という飲み方があり、たっぷりのミルクの中にコーヒーを数滴垂らしたものだそうだ。まろやかなミルクの風味が強く、口に運ぶ際にほんのりとコーヒーの香りを楽しめるという。
トルココーヒーは2013年に、ユネスコ世界無形文化遺産に登録されている。水から煮立てて、上澄みだけを飲む。日本では見かけない少し変わったコーヒーだ。コーヒーの元祖ともいわれているトルココーヒーは、世界では高い人気を誇っている。
世界中で親しまれているコーヒーも、場所によって違う種類や飲み方があり、旅の楽しみの一つになりそうだ。海外旅行の際はぜひその土地特有の飲み方でコーヒーを味わってみては?

軽井沢で起きたバスの転落事故のついて、長野県警が、重体となっていた千葉県の並木昭憲さん(21)が脳挫傷のため死亡したことを発表した。これにより今回のバス転落事故の死亡者が15人となった。
また、事故当時運転していた土屋運転手が、採用面接の際大型バスの運転が苦手であると話していたことがわかったという。バス会社の営業部長は、「お願いしたいのはスキーの仕事だ」と伝え最終的に了承を得たが、「人手不足だった。後悔している」と話した。
土屋運転手が2010年まで10年程勤務していた都内の観光バス会社によると、関東周辺のツアーで日中に中型、小型のバスを運転していたというが、大型は運転しなかったという。また、この会社に勤める前は砕石会社でダンプカーを運転していた。
面接をしたバス運行会社の所長は、記者会見で「心配なので慣れるまで一般道は運転させないようにしようと思っていた」と話したという。
運転手は2人体制だったとはいえ、他に手立てはなかったのだろうか。

朝、シャキッと目覚めるためにコーヒーを飲む人も多いのではないだろうか?コーヒーダイエットと呼ばれる方法もあり体型が気になる人には最適な飲み物のようにも思えるが、実は飲み方によっては太りやすくなる可能性もあるそうだ。
朝起きたら眠い目をこすりながらコーヒーを淹れて飲む、というのはあまりいいタイミングとは言えないかもしれないのだそうだ。起きてすぐコーヒーを飲むと、体内の血糖値が急激に上がってしまい、太りやすい体質になってしまうそうだ。また、寝起きの空腹状態で飲むコーヒーは胃があれてしまう原因にもなりかねないので、朝食後や起床後のある程度時間が経ってから飲むようにした方が体にいいだろう。
また、コーヒーに含まれるカフェインを過剰に摂取してしまうと身体のむくみの原因になると言われている。むくみは塩分であるナトリウムが原因だが、利尿作用のあるカフェインを過剰摂取するとナトリウムを排出するカリウムが消耗されて、体内にナトリウムだけが残ってしまいむくんでしまうそうだ。他にもカフェインによって鉄分が消耗されて赤血球の働きが低下し、血流が悪くなってむくんでしまうこともあるのだとか。
体の大きさによっても異なるが、コーヒーを飲む量は1日3~4杯程度にしておく方が良いだろう。また、就寝の5~6時間前にはカフェインを含む飲み物を控えれば睡眠の質が上がる可能性がある。適量のコーヒーを摂取すると、頭痛を和らげる、肌のシミやしわを防ぐなどの効果が期待できるそうなので、飲むタイミングと量を気をつけながら摂取するといいだろう。

アーティストの浜崎あゆみが自身のTwitterアカウントから過去のツイートを全て削除した。
急にすべて削除したことから、ファンの間に動揺が広がっている。
26日に浜崎あゆみのTwitterアカウントは、「このアカウントは浜崎あゆみのスタッフが管理、運営し、最新情報を発信して行くアカウントに生まれ変わります。今後ともよろしくお願い致します。」とツイート。
「たまにayu本人も呟くかも・・・?」と、浜崎からの発信もあることをにおわせているものの、なぜかこれまでのツイートは全て削除されてた。
100万人以上のフォロワーを抱える、人気アカウントだけに、突然の発表、そしてツイートの削除には困惑が広がった。