シンガポールで夜間の飲酒禁止

シンガポールは夜間の飲酒禁止など、酒類に対する規制を強化するそうだ。現地紙トゥデイによると、午後10時30分から翌朝午前7時まで公共の場における酒類販売と飲酒を禁止する酒類規制法案が可決されたとのこと。この法案は外国人観光客や外国人労働者に対しても適用され、4月1日から発効となる予定だそうだ。シンガポール政府は昨年1年間で飲酒が原因の暴動が47件、傷害事件が115件あり、そのうち9割が午後10時30分以降に発生したと主張。住民の安全のために思い切った措置が必要としていたようだ。同法案の発効後、シンガポール国内で禁止時間帯に飲酒可能になるのは原則として自宅や宿泊施設の自室、酒類提供の許可を取得したバーやコーヒーショップ店内などに限られ、違反者には1000シンガポールドル以上の罰金または最長約3か月の禁固刑が科されるそうだ。観光業への影響や警察の取り締まりなどに対する懸念はあるものの、政府系機関が実施した電話調査では1145人のうち81%が賛成しているとのこと。公共の場では、というのは要するに公園や電車、路上などでは飲酒が禁止されるということのようで、飲食店やバーなので提供された酒類を店内で飲むことは可能なようだ。日本でも時々電車内でアルコールを飲んでいる乗客がいたり、特にお花見の時期などに公園などで酒盛りをしたりしているが、羽目を外し過ぎて周りに迷惑を掛けず何事もほどほどにマナーを守って楽しむべきだということだ。