アメリカ最古のコーヒーチェーン店が日本初上陸

アメリカ最古のスペシャルティコーヒーチェーン「コーヒービーン&ティーリーフ」が日本に初上陸するそうだ。日本1号店を5月に日本橋に出店し、伝統あるスペシャルティコーヒーの味を提供するとのこと。
「コーヒービーン&ティーリーフ」は1963年に米カリフォルニア州ロサンゼルスで創業した老舗コーヒーチェーン。コーヒーが間で販売されていた当時、コスタリカやコロンビア、ケニアから仕入れたコーヒー豆を取り扱っていた創業者のハーバート・ハイマンは「店舗で焙煎したコーヒーをその場で飲みたい」という声に応える形で開業し、現在では「アメリカのスペシャルティコーヒーの師匠」と称されている。コーヒー豆は主にシングルオリジンの最高級アラビカ種100%のものを採用。それぞれのコーヒー豆に合わせて焙煎工が自社焙煎するなどコーヒー作りに追究するだけでなく、ティーにおいてもトップ2リーフのみ手摘みした高品質茶葉を直接調達し自社でブレンドする徹底ぶりだ。店舗は2015年2月末までに世界25か国に968店舗を展開するグローバルなスペシャルティコーヒーチェーンとして成長している。日本初出店先は、全国に広がる日本の道の起点となったという日本橋に決定。シングルオリジンコーヒーやカプチーノ、カフェラテ、エスプレッソといったコーヒー約20種類をはじめ、オリジナルティーやティーラテなどティーを約20種類、業界で初めて開発したというフローズンドリンク「アイスブレンデッド」約10種類をラインアップし、フードを約30種類提供するそうだ。
ブルーボトルコーヒーと言い、スターバックスのライバルともいえるアメリカのコーヒーチェーンが日本にやってくることでコーヒーチェーン商戦が盛り上がりそうだ。