ゴールデンウィークの由来

ゴールデンウィークは、1951年、現在のゴールデンウィークにあたる期間に上映された『自由学校』が正月やお盆興行よりヒットしたのを機に、多くの人に映画を見てもらおうと、当時大映専務だった松山英夫氏が作った造語で和製英語なのだそうだ。
呼称の由来は、ラジオで最も聴取率が高い時間帯「ゴールデンタイム」に倣ったもので、当初は「黄金週間」と言われていたがインパクトに欠けるので「ゴールデンウィーク」になったそうだ。
ゴールデンウィークに続き、11月3日の文化の日を中心とした休暇や催しもの多い一週間を「シルバーウィーク」と命名したが、この言葉は定着せず消えていったそうだ。なお、このシルバーウィークは現在9月の大型連休で使われるようになっているが、直接的な関係はないとのこと。
その他の語源には、4月末から5月にかけてロッキー山脈の雪解け水で砂金がたくさん取れたため、その時期は金鉱探しに人々が流れ、休日状態になったことから名付けられたという説もあるそうだ。また、『東方見聞録』の中で日本を「黄金の国ジパング」と紹介したマルコ・ポーロが日本に来日したのが5月初めであったことから名付けれらたとする説もあるそうだが、いずれも俗説だとのこと。

本当は間違っているのにやりがちな美容法

美容法は星の数ほどあり、みなさん日々試行錯誤しているとは思いますが、なかには良いと思ってやっているのに関わらず、逆効果になってしまう、間違った美容法もあるようです。
正しい美容法で、美しさをキープするためにも、こちらで確認しておきましょう。

「冷水で洗うで顔を洗う」
毛穴を引き締める効果があると思って、冷水で顔を洗う方もいるようです。ですが、これは間違った美容法なのです。
もちろん、毛穴の開きっぱなしはよくありませんが、お肌を化粧水などでケアをする前に、急激に冷やしてしまうと、血行が悪くなり、美容成分も肌に浸透しにくくなってしまうのです。
「長時間パックをする」
寝ながら長時間パックをしたり、パックの水分がなくなるまで付けたままにしておくのは、間違った美容法。
乾燥したパックを長時間、肌に付けておくと、逆に肌の水分が奪われてしまうのです。パックの時間は5~10分が最適といえます。
「化粧水を叩き込む」
化粧水を肌に浸透させようと、バシバシ手のひらで叩きこんでいませんか?実はこれも逆効果なのです。
刺激を与えてしまうと、シミやそばかすができたり、防御本能が働き、肌が固くなってしまいます。
手のひらで優しくつつみこむように、プレスするのが正しい美容方です。
いかがでしたでしょうか?あなたは日頃間違った美容法をしていませんか?努力をしているにもかかわらず逆効果になってしまいます。
きちんと美容の知識を入れることも大切ですね。

http://www.windowsonthecumberland.com/