高校野球の甲子園使用料がゼロなのはなぜ?

昨日まで阪神甲子園球場で行われた第97回全国高校野球選手権。神奈川県の東海大相模の優勝で幕で閉じた。
清宮、オコエ、小笠原らといった注目のスター選手がベスト4へと勝ち進んだことで、お盆明けの17日こそ4万人を切ったが、ほぼ連日のように満員が続いていた。
40000人を超えた試合は、すでに45試合中27試合を数えた。
さぞ、主催者側の朝日新聞や日本高野連、阪神甲子園球場は儲かっただろうと、その財布の中身を羨ましがる方も多いと思うが、実際は甲子園の使用料はゼロなのである。
球場内の飲食などの収入は球場側に入ることになっているが、使用料は無料だ。
阪神甲子園球場を持っている阪急阪神ホールディングス側は、「高校野球ビジネス」で儲けているわけではないのである。
球場関係者にその使用料ゼロの理由を尋ねると、甲子園が建設された大正時代の経緯に遡るという。
甲子園球場は、昔は電鉄の運輸部が管轄していた。地域の土地開発計画と、朝日新聞側が求める、たくさんのお客さんを収容できる巨大な球場建設という思惑が一致して建設することに至った。
高校野球という試合を見に行くために、阪神電車に多くの人が乗ってくれて、運賃を払って、おまけに地域の土地開発が進むならば、それで十分。使用料なんていらないという発想なのだ。
100年の歴史のある高校野球は、多くの人々の努力と継承されてきた歴史の上に成り立っている。改めて考えさせらた甲子園使用料ゼロの理由だった。