攻略不可能ゲーム、販売停止に

アメリカのパズルアドベンチャーゲーム「Journey Of The Light」が誰一人として全く攻略できないことから、販売停止のうえ返金を行う事態に陥ったそうだ。
「Journey Of The Light」は5月22日よりPCゲームのダウンロード販売プラットフォームであるSteamにて販売されていたパズルゲームアドベンチャーゲーム。光る球を操作しながら謎に包まれた美しい森の中を移動し、青や赤のライトを点滅させて、ところどころにあるヒントを手掛かりに家に帰るための正しい道を探していくという内容になっている。
全8章から構成され、プレイ時間は約17時間かかるというボリュームやグラフィックの美しさも魅力的だったが、何故か攻略者が一人も現れなかったという。開発者曰く「おそらくSteam上で最も難しいゲームの一つ」とのこと。それにしても全ステージクリアどころか、第1章すらクリアしたプレイヤーが出てこないのはおかしいのではないか、など様々な憶測が飛び交っていたという。そのためゲーム評価は「ほぼ不評」という結果に。
開発者のLord Kresは何度かコミュニティハブにおいてプレイヤーから指摘されたバグの修正報告や質問の回答をしていたが、7月30日以降、開発者のアカウントでの書き込みは途絶えているという。7日、Steam側から「総プレイ時間、購入日にかかわらず全額返金する」との告知と謝罪文を最後に当ゲームは完全に配信停止となった。
なお、このような措置により「絶対に攻略できないゲーム」「失われたレベル」となってしまったため、コミュニティハブに書き込みを行う一部のプレイヤーからは逆に希少価値のあるゲームとして注目を浴びているようだ。
確かに、絶対に攻略できないゲームと聞くとかえってプレイしてみたくなる人も増えそうだ。どんなゲームだったのだろうか…。