FIFAランク、日本50位に浮上

FIFA(国際サッカー連盟)は5日、最新のFIFAランキングを発表しました。
8日のワールドカップアジア2次予選のシリア戦に3-0で勝利して、国際親善試合でイランと1-1で引き分けた日本は、55位から5つ上げ、50位となりました。
そして首位に立ったのはベルギー。ついに首位に浮上した。
10月13日に行われた、EURO2016予選でイスラエルに勝利したベルギーは、7勝2分1敗の首位で本大会出場を決めました。
この試合後から、英紙「ESPN」などがFIFAランキング首位浮上を報道しました。
そして今回、正式に世界トップに立ちました。
首位だったアルゼンチンは、ワールドカップ南アメリカ予選で開幕から2試合勝利がなく、順位は3位に後退しました。