エジプトの棺に3千年前の指紋

英ケンブリッジのフィッツウィリアム美術館が所蔵する古代エジプトの棺のふたに、約3000年前の指紋が付いていたことが分かったそうだ。棺を作った職人の指紋とみられるという。
棺は紀元前1000年ごろに作られたものとのこと。二重構造になっており、指紋は内棺のふたに付いていたそうだ。同美術館のエジプト学者がCNNに語ったところによると、当時の職人がうっかりニスの乾く前に触れてしまったとみられるという。指紋は2005年に見つかったが、これまで発表されていなかったそうだ。
棺は、エジプトの古代都市テーベの神殿で重要な地位に就いていた神官のものとみられるという。同美術館の研究チームがX線装置や近くの病院にあるコンピュータ断層撮影装置を使って構造を詳しく調べたとのこと。
美術館の保存部責任者によると、内棺は多数の木片を組み合わせた構造。当時は木材が貴重だったとみられ、木片同士を組み合わせるほぞ穴などの跡から、古い棺の材料を再利用したことがうかがえるという。
同美術館では今月23日から、エジプトの棺が過去4000年間でどう変化したかを振り返る展覧会が開かれ、この棺も出展されるそうだキュレーターによると、エジプト人の死後の世界へのこだわりを感じさせる、興味深い展覧会になりそうだという。
3000年も前の指紋が残っているというのは何とも不思議な感じだ。