首都高追突事故で運転手落下

28日午前6時ごろ、東京都江戸川区の首都高速中央環状線内回りでトレーラー同士による追突事故が起きた。追突した側の運転手が高速道路から落下し死亡した。
警視庁などによると、発生時刻は28日午前6時頃、現場は江戸川区西葛西の首都高速中央環状線内回り。トレーラーが前のトレーラーに追突する事故があったという。この事故で追突した後方のトレーラーを運転していた54歳の男性が、高速道路から地上の中州部分に20メートルほど落下し、病院に搬送された。その後死亡が確認されたという。
警視庁は、高速道路は、側壁が1.2メートル程度の高さであることから、事故直後、男性が運転席側のドアが開かずに助手席側から降りたところ、誤って転落した可能性が高いとみている。
追突された前方のトレーラーを運転していた52歳の男性は軽傷だった。警視庁はひき続き調査を進めている。
追突事故だけでも災難だというのに・・・事故当時の状況の詳細な発表を待ちたい。