酒好きが愛する「月9」番組

30~40代の中間管理職ともなれば増えてくるのが夜の会食。接待の相手が目上の人だったり重要な取引先だったりすると気を貼りっぱなしで食事を楽しむどころではない。そんな人たちを思いっきり酔わせてくれる番組があるそうだ。
BS-TBSで毎週月曜21時に放送されている「吉田類の酒場放浪記」は今最も人気の高いBS番組のひとつだ。「会食で疲れた夜は、家に帰って吉田類を肴に一人で飲み直すこともある」。そんな不思議な会話が女子会で繰り広げられているという。
「酒場という聖地へ、酒を求め、肴を求めさまよう…」というキャッチフレーズの通り、大衆酒場に造詣が深い吉田類が毎回首都圏各地のレトロな居酒屋を訪れるという番組だ。
番組は2003年9月の放送開始からじわじわと人気を集め、今年で11年目に突入した。当初は15分で一つの店を紹介するミニ番組として放送されていたが、現在は1本の新作に3本の再放送を加え、15分×4段積みの1時間番組として放送されているそうだ。独身、既婚者を問わず幅広い層の酒好きに支持されているという。人気の理由は、自宅で「酒場」の雰囲気を味わえるということが大きいようだ。
番組を見ていると、確かに自分がその場にいて飲んでいるような気分になるそうだ。再放送にもかかわらず新作のように見える編成の仕方は、放送する時期と初放送された時期を合わせているからだそうだ。服装も、街の雰囲気も、旬の食材も変わらないので、違和感なく見ることができる。
女性が酒場にひとりで行くのは勇気がいるが、「雰囲気だけでも味わいたい」と番組を見ている人も多いようだ。出演者が「おじさん一人」というのもリアルでいい。月9と言えばかつてはトレンディードラマが主流だったが、今は自宅で「居酒屋の雰囲気を味わう」といった楽しみ方に変わってきているというのは面白い。

他人が握ったおにぎりを食べられない人が増加

元・猿岩石の有吉やロンブーの淳など、テレビ番組やツイッターで他人の握ったおにぎりが食べられないことを公言する芸能人が増えているそうだ。
その傾向は一般人にも言えるそうだ。女性セブンが30~50代の既婚男女各150人、計300人にネットでアンケートを行ったところ、「コンビニと他人の握ったおにぎり、どちらが抵抗なく食べられますか?」という問いに「コンビニ」と答えた人が90.6%だったそうだ。
さらに、他人が握ったおにぎりを抵抗があるかと聞くと、「ややある」「非常にある」が25%で4人に1人が抵抗があるという結果が出た。女性だけで見れば30.6%が抵抗を感じているとのこと。
「誰の握ったおにぎりを食べたくないか?」という質問には「とくにいない」を除いては、1位は「全くの他人」、2位は「顔見知り」、3位は「義父」、4位は「友だちの母親」と続いたそうだ。
他人の握ったおにぎりを食べたくない理由は過去のトラウマや、生理的に受け付けないなど様々なようだ。
コンビニで売られている機械で作ったおにぎりは平気でも、人が握ったものは抵抗を感じてしまう。そうした傾向は最近増えてきたもので、1980年代後半から日本人の衛生観念が大きく変わって来たことが影響しているという。
そのころから様々な抗菌グッズが出回り始め、ボールペンなどにも抗菌を謳うものが登場してきた。電車のつり革に触れない人が出てきたのもその頃からだそうだ。体に悪影響をもたらす菌だけでなく、すべての菌というものに対して無条件に恐れを抱くようになったという。
近所の人や親戚と一緒に食事する機会も減り、他人の手作りのおにぎりを食べる経験が減ってきた。そうした社会状況から他人との距離がより遠くなったのではないかということのようだ。
菌の数で言うと誰が握ってもほぼ変わらない。それでも母親のおにぎりなら平気、というのはそこに親への信頼感があるからだという。
確かに得体のしれない人が握ったおにぎりが食べられるかというと少し抵抗を感じる。少なくとも自分が知っている人物が作ったものであったり、どんな人がどういった環境で作ったものかが分かるものであればそれほど抵抗は感じないのではないだろうか。

10分でできるお弁当レシピ

心機一転、明日からお弁当生活を始めてみてはいかがですか?
健康的で経済的なお弁当。でも朝は時間がなくてお弁当を作る時間がない!というあなたのために!
朝の忙しい時間でも、おかずを含めて10分で完成するお弁当のレシピをご紹介します。

まずはレトルトのミートソースを利用したオムライスです。
温かいご飯とレトルトのミートソースを混ぜます。そして、薄く卵を焼いてそのご飯を卵で包んで、上にケチャップを!
これだけで、簡単にオムライス弁当が完成です!職場や学校に蓮位がある場合は温めて食べましょう!
つぎに焼き鳥弁当です。ネギマの焼き鳥を前日に2本ほど買っておきましょう。それをお弁当箱に詰めたご飯の上に串から外した焼き鳥をのせます。そして焼き鳥のタレを上からかければ、焼き鳥弁当の出来上がりです。
10分以内で簡単に作ることができます!あなたも簡単なレシピをマスターして、毎日作ってみてはいかがですか?

名前に付けられる「ミドルネーム」って?

イギリスの王室、ウィリアム王子とキャサリン妃の間に今月2日、待望の第二子が誕生した。性別は女の子。55年ぶりのプリンセスの誕生に英国中は大盛り上がりだ。そして、第2子の女の子の名前は、「シャーロット・エリザベス・ダイアナ」に決定。
ミドルネームはダイアナとエリザベス。しかし、そもそも名前に付けられる「ミドルネーム」とはなんなのでしょうか?
こちらでご説明をします。
ミドルネームとは、欧米での名前の呼称で、中間名のことをいう。名前(ファーストネーム)と、姓(ラストネーム・ファミリーネーム)の間に入る名前のことをいう。英語圏の名前は、ファーストネーム・ミドルネーム・ラストネームの順番で構成されている。
また、必ず間に入るわけではなくて、国や地域によって理由は異なり、ミドルネームを付ける理由も様々です。
ミドルネームは、洗礼名等のキリスト教由来のものであったり、親の名前であったり、結婚後に旧姓をミドルネームにしたりする場合もあります。また、ミドルネームはクリスチャンネームとも呼ばれています。洗礼名というのは、キリスト教徒になる時に、教会で付けられる名前のことをいいます。

「ほぼ日」、数年内に上場目指す

インターネットサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を運営する東京糸井重里事務所が、数年内の株式上場を目指しているとのこと。代表取締役の糸井重里は「いろいろなことが試せる『柔らかいIPO(新規株式公開)』をしたい」と独特の表現で上場への意欲を語った。
同社は1979年に糸井氏の個人事務所として発足し、98年に「大上段に構えずコミュニケーションできるメディアが作りたい」と「ほぼ日」を創刊したことが転換点となったそうだ。物販でも「ほぼ日手帳」や料理レシピ本などヒット作に恵まれ、今や年間売上が30億円を超えるネット起業だ。
糸井氏が上場を考えるのは「会社を残す」ためだそうだ。糸井氏は現在66歳。ある時点から「会社はもう自分のものじゃない。このメンバーやこのお客さんがいないと、この会社じゃない」と考えるようになったそうだ。上場で得た資金の使い道については「人が欲しい」と話しているとのこと。
上場すれば株価の上昇や高い配当を迫られるが、糸井氏は「そうじゃない株主もいるはず。会社が『健康』に成長することに目を配ってくれる株主にも会えるはずだ」と期待している。これまでの常識にとらわれず、株主となる賛同者と「方法を一緒に考える」ことが「ほぼ日」の目指す「柔らかいIPO」なのだろう。こうしたユニークな会社があってもいいのではないだろうか。

実写映画テラフォーマーズの主演に伊藤英明

俳優の伊藤英明が、2016年公開予定で話題となっている映画、「テラフォーマーズ」に主演することが今日、明らかになった。
監督は、三池崇史監督。伊藤英明とは「悪の教典」(2012年)などでタッグを組んでいる。
伊藤英明は三池監督について「三池さんは朝から夜まで寝ずに撮影して、決して妥協はしないので、それがまた始まると思うと正直、いやですが(笑)、楽しみです」とし、一方の三池監督は「逆境の時こそ、伊藤英明は光る」と期待を込める。さらには、アイスランドで撮影されることも発表された。 映画の原作は週刊ヤングジャンプで、連載中の貴家悠さんの作、橘賢一さん画の同名のマンガ。未来の火星を舞台とし、驚異的な進化を遂げた、人型の巨大ゴキブリと、昆虫の能力を持った人間の激しい戦いを描いている。
原作を知る人からすると、どのように実写にするのか未知の領域ではあるが、ファンにとっては今から楽しみである。

水没したスマホを復活させる液体

水没させてしまったiPhoneなどの非防水スマートフォンを90%の確率で復活させることができる液体「リバイバフォン」が販売開始になったそうだ。価格は税別5600円。全国の携帯電話ショップや家電量販店で購入できるという。
リバイバフォンは飽和一価アルコール類に分類される液体だそうだ。水に含まれるミネラル成分など、端末の内部に付着した不純物を取り除くことで通電時の回路のショートを抑制するそうだ。このため水没後に通電し、既に故障してしまった端末は復旧させられないとのこと。
端末を水没させてしまった場合、キャリアやメーカーが提供する各種補償サービスを使って新品交換すると言う手もあるが、どうしても中にあるデータを復旧させたいという時は試してみる価値はあるかも知れない。データ復旧してその後問題なく端末を使用することができるようなら画期的な商品が登場したことになる。使用した人の感想を聞いてみたいところだ。

ゴールデンウィークの由来

ゴールデンウィークは、1951年、現在のゴールデンウィークにあたる期間に上映された『自由学校』が正月やお盆興行よりヒットしたのを機に、多くの人に映画を見てもらおうと、当時大映専務だった松山英夫氏が作った造語で和製英語なのだそうだ。
呼称の由来は、ラジオで最も聴取率が高い時間帯「ゴールデンタイム」に倣ったもので、当初は「黄金週間」と言われていたがインパクトに欠けるので「ゴールデンウィーク」になったそうだ。
ゴールデンウィークに続き、11月3日の文化の日を中心とした休暇や催しもの多い一週間を「シルバーウィーク」と命名したが、この言葉は定着せず消えていったそうだ。なお、このシルバーウィークは現在9月の大型連休で使われるようになっているが、直接的な関係はないとのこと。
その他の語源には、4月末から5月にかけてロッキー山脈の雪解け水で砂金がたくさん取れたため、その時期は金鉱探しに人々が流れ、休日状態になったことから名付けられたという説もあるそうだ。また、『東方見聞録』の中で日本を「黄金の国ジパング」と紹介したマルコ・ポーロが日本に来日したのが5月初めであったことから名付けれらたとする説もあるそうだが、いずれも俗説だとのこと。

本当は間違っているのにやりがちな美容法

美容法は星の数ほどあり、みなさん日々試行錯誤しているとは思いますが、なかには良いと思ってやっているのに関わらず、逆効果になってしまう、間違った美容法もあるようです。
正しい美容法で、美しさをキープするためにも、こちらで確認しておきましょう。

「冷水で洗うで顔を洗う」
毛穴を引き締める効果があると思って、冷水で顔を洗う方もいるようです。ですが、これは間違った美容法なのです。
もちろん、毛穴の開きっぱなしはよくありませんが、お肌を化粧水などでケアをする前に、急激に冷やしてしまうと、血行が悪くなり、美容成分も肌に浸透しにくくなってしまうのです。
「長時間パックをする」
寝ながら長時間パックをしたり、パックの水分がなくなるまで付けたままにしておくのは、間違った美容法。
乾燥したパックを長時間、肌に付けておくと、逆に肌の水分が奪われてしまうのです。パックの時間は5~10分が最適といえます。
「化粧水を叩き込む」
化粧水を肌に浸透させようと、バシバシ手のひらで叩きこんでいませんか?実はこれも逆効果なのです。
刺激を与えてしまうと、シミやそばかすができたり、防御本能が働き、肌が固くなってしまいます。
手のひらで優しくつつみこむように、プレスするのが正しい美容方です。
いかがでしたでしょうか?あなたは日頃間違った美容法をしていませんか?努力をしているにもかかわらず逆効果になってしまいます。
きちんと美容の知識を入れることも大切ですね。

http://www.preciousmetals101.info/